背中のケア方法

背中ニキビ改善のためには保湿ケアが欠かせませんが、背中は手が届かないためケアが難しい部位と言えます。一緒に住んでいる家族や友人がいるならばケアをお願いすることも可能ですが、一人暮らしの場合は自分でケアをしなければなりません。そんなときに役立つ背中のケア方法を紹介します。

まず、入浴中にできる方法としては、ローションやオイルをお湯に溶かして背中に掛ける方法がおすすめです。これなら簡単に背中全体をケアすることができます。また、スプレーボトルを利用する方法もあります。逆さにしてもスプレーできるボトルに化粧水やローションを入れ、鏡で確認しながら背中にスプレーします。届きにくい部分もしっかりとケアできるためおすすめです。

じっくりと背中パックをしたいならサランラップを使いましょう。床やベッドにサランラップを広げ、化粧水やローションを塗ります。背中に合わせるようにサランラップの上に仰向けになり、背中にサランラップを密着させましょう。サランラップでフタをすることで、より保湿効果が高まります。

ひとりだと難しい背中のケアですが、このようなやり方をすれば簡単にケアすることができます。背中ニキビを発見したら放置せず、保湿ケアを徹底して綺麗な背中を手に入れましょう。

背中を清潔に保つ

背中ニキビを改善するには、背中を清潔に保つことが大前提です。いくら保湿ケアを徹底しても、背中が汚れていればニキビの原因となる菌が繁殖しやすくなってしまいます。まず、お風呂に入る際には頭から順に下に向かって洗うことがポイントになります。これは、シャンプーやトリートメントの洗い残しが背中に付着するのを防ぐためです。シャンプーやトリートメントの洗い残しは背中ニキビの大きな原因となるため、しっかりと洗い流すことを意識しましょう。ただし、ゴシゴシと強く擦るのは禁物です。刺激を与えないようにやさしく泡で洗いましょう。

また、髪の毛が長い人は普段の生活の中でも注意が必要です。髪の毛は常に外気にさらされているため、汚れがたくさん付着しています。その髪の毛が背中に擦れることで背中ニキビの原因となってしまうことも考えられます。髪を束ねるなどして対策をしましょう。背中ニキビの改善には、パジャマやシーツを清潔に保つことも重要です。せっかく背中を綺麗にしていても、寝具が汚れていては意味がありません。特に就寝中は大量の汗をかくため、菌が繁殖しやすい環境です。目には見えませんが、パジャマやシーツは汚れています。背中を清潔に保つためには、寝具類をこまめに洗濯しましょう。

背中ニキビの保湿ケア

ニキビができやすい部位と言えば顔ですが、意外と見落としがちなのが背中です。背中は皮脂腺が多く集まっており、毛穴が詰まりやすい部位と言えます。毛穴の詰まりを放置するとニキビになってしまうため、ケアを怠ってはいけません。背中ニキビのケアとして最も重要なのが、保湿です。ニキビの原因は皮脂なのに、なぜ保湿が必要なの?と思うかもしれませんが、背中は乾燥しやすい部位でもあります。もちろん皮脂腺が多いためその分皮脂も多くなりますが、肌が乾燥することによって皮脂が過剰に分泌されているケースもあります。そのため、しっかりと保湿することで皮脂の過剰分泌を抑え、ニキビを改善することができます。

PICK UP◇みんなの肌潤糖◇
背中ニキビの予防ができる保湿化粧品を通販しています。

背中を保湿するアイテムとしては、まずは保湿力に優れているものを選びましょう。保湿力に加えて、殺菌成分が入っており尚且つ低刺激なものが適しています。ニキビができている肌はデリケートな状態ですので、刺激を避けてやさしくケアをすることがポイントです。保湿ケアを行うタイミングとしては、お風呂上がりがベストです。お風呂上がりは肌が柔らかいため、より化粧水の成分が肌に浸透しやすくなります。背中ニキビを改善したい方は、お風呂上がりの背中ケアを日課にしましょう。

背中は普段人に見られることないためついついケアを怠りがちです。しかし、いざと言うときに背中にニキビがあったら相手に好印象を与えることはできません。当サイトでご紹介する情報を参考に肌を露出する機会が増える夏に向けて、今から背中のケアを始めましょう。