背中を清潔に保つ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

背中ニキビを改善するには、背中を清潔に保つことが大前提です。いくら保湿ケアを徹底しても、背中が汚れていればニキビの原因となる菌が繁殖しやすくなってしまいます。まず、お風呂に入る際には頭から順に下に向かって洗うことがポイントになります。これは、シャンプーやトリートメントの洗い残しが背中に付着するのを防ぐためです。シャンプーやトリートメントの洗い残しは背中ニキビの大きな原因となるため、しっかりと洗い流すことを意識しましょう。ただし、ゴシゴシと強く擦るのは禁物です。刺激を与えないようにやさしく泡で洗いましょう。

また、髪の毛が長い人は普段の生活の中でも注意が必要です。髪の毛は常に外気にさらされているため、汚れがたくさん付着しています。その髪の毛が背中に擦れることで背中ニキビの原因となってしまうことも考えられます。髪を束ねるなどして対策をしましょう。背中ニキビの改善には、パジャマやシーツを清潔に保つことも重要です。せっかく背中を綺麗にしていても、寝具が汚れていては意味がありません。特に就寝中は大量の汗をかくため、菌が繁殖しやすい環境です。目には見えませんが、パジャマやシーツは汚れています。背中を清潔に保つためには、寝具類をこまめに洗濯しましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket